綺麗を維持

工事の様子

風呂の壁などは年月が経つと、塗装の剥がれが起きてしまいます。そほかにも浴槽内のカビや水垢が目立ってきます。酷くなってくると見た目も悪くなっていきます。コーティングをして回復させなければなりません。毎日きちんと掃除をしていても限界があります。風呂などの水回りの部分はどうしても汚れやすい部分です。同時に壁に傷が入ってしまい、掃除をするのが難しくなっていきます。それでも無理に汚れを落とそうとして磨き続けると壁の奥深くまで傷付けてしまうことになります。色も濁ったような感じになっていきますが、しっかりとカラーコーティングすれば綺麗な色に戻ります。業者に依頼してコーティングを行ってもらうことが一般的です。

壁の汚れは年月が経てば経つほど、汚れを落とすのが難しくなってきます。汚れを防ぐだけでなくカビを防いでくれる加工を行うことも出来ます。風呂のコーティングは個人でも行うことは出来ますが、しっかりとした効果を望むことは出来ません。市販されている道具では限界があります。専門の業者がその場所に応じたコーティング剤や専門の工具を使って使用するので効果は最高です。自宅の風呂がまだ綺麗なうちは自分で行っても良いですが、長い年月が経った頑固な汚れの場合は専門の業者に任せるほうが安心できます。依頼する内容や業者によって料金も違ってきます。作業によってはしばらくの間。風呂が使えないこともあるので注意する必要があります。