騒音トラブルを防ぐ

家の外観

騒音対策というと、当初は予想もしなかった附近の高速道路の車の騒音が気になったり、近くの工場の音が気になる、あるいは音楽に凝っていて自分の出す楽器の音が漏れるのが気になるというケースもあります。 そういうときには住宅を建てる場合には厚さ150ミリ以上の断熱材を壁や天井面、あるいは床下に充填し、サッシ窓はペアガラス入りや2重サッシにする、ドアも防音ドアにするという対策方法があります。 それに類似・競合する騒音対策方法としては鉄筋コンクリート造の建物にする方法や、地下室を作って一定の場所から防音のドアを通じて出入りするという方法もあります。防水処理や室内の換気や調湿なども考慮して、採光の為にドライエリアを設けることもあります。

国内においては北方の雪国などでは2重サッシや気密断熱などの考え方は基本的にこの流れにそって建築が成されています。 騒音対策として後から2重サッシやペアガラスにする場合にはリフォーム代金として取りつけ費用が発生することになります。 マンションなどでも騒音問題は起こりうる問題となっています。その為に音大生向けとか音楽関係者向けの賃貸マンションとかも存在します。 普通のマンションでピアノなどの楽器を弾く場合には騒音対策として室内で床を持ち上げたり、ピアノの脚に防振用の台を取り付ける、あるいは吸音材を壁や床、天井に組み込むといった方法もとられます。 地下室を作る場合には鉄筋コンクリート造で、防水処理が必要ですし、建具も分厚いドアで中に鉛の板の入ったものを使う場合があり価格もそれなりに高くつくことになります。 調査費を含み、あるいは専門業者に依頼することで何十万円から何千万円単位の費用がかかることもあります。